アメリカの大学院の特徴

アメリカの大学院ってどんなところ?

アメリカの大学院は、一度社会に出て働いた人達が多く、年齢が多種多様です。専門分野を本格的に勉強するには大学院からという意識が一般的で、大学の学部はあくまでその基礎となる位置づけになります。Graduate Schoolと呼ばれますが、専門分野によっては、Professional School, Business School, Law School, Medical Schoolなど、呼び方が変わります。

 

大学院の特徴

 

学位

修士号[Masters Degree]
博士号[Doctoral Degree]

 

授業料

一般的に学部よりも高い

 

TOEFL

平均79点(PBT550点)以上。TOEFLに加え、GREやGMAT等の能力試験も必要な場合もあり

 

奨学金

成績次第で貰える

 

その他の特徴
  • 一度働いてから大学院に戻る生徒が多く、年齢が多種多様
  • TOEFLの点数は最低550点(PBT)以上で高い
  • 留学生も、大学生を教える助手(TA)や研究助手(RA)としてアルバイトが可能
  • 専攻科目によって卒業できる年数が違う。一年程度のエグゼクティブプログラムなどもある

スポンサーリンク

関連ページ

語学学校
ESL等の語学学校について
短大
アメリカの短期大学の特徴、メリットとデメリットなど
大学
アメリカの四年制大学の特徴

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 教育機関 教育制度 学校選択・出願 渡航準備 渡米後 留学体験談