アメリカの成績制度

アメリカの成績制度

アメリカの大学は、ABCDの4段階評価(4ポイント)で成績を付けます。F(Fail)になるとポイントがつきません。ポイントは平均成績(GPA:Grade Point Average)を算出するために使用します。

Grade Point
A+  
A 4.00
A-  
B+  
B 3.00
B-  
C+  
C 2.00
C-  
D+  
D 1.00
D-  
F 0.00

GPAは、クラスごとの成績(ポイント)×単位数を、足し合わせていき、それを全クラスの合計単位数で割ったものになります。つまり、加重平均評価となるので、単位数が多い科目の成績がよければ、GPAも高くなりやすいです。

 

算出例

数学4単位(成績A)、英語4単位(成績B)、化学4単位(成績C)、歴史4単位(成績C)、音楽1単位(成績A)の場合:

 

数学(4x4=16)+英語(4x3=12)+化学(4x2=8)+歴史(4x2=8)+音楽(1x4=4)の合計48を、
合計単位数17で割った、2.8がGPAとなります。
簡単にイメージすると、オールAの場合はGPA4.0、オールBの場合はGPA3.0なので、厳密に計算をしなくてもとった成績からGPAがどの程度かはなんとなく推測できます。

 

日本とは違い、アメリカの場合、成績が重視されます。特に他大学への編入を考える場合は、GPAは3.0以上はキープしたほうがよいでしょう。一流大学に編入したい場合、できるだけGPA4.0に近づける必要があります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

単位
アメリカの単位制度、注意点など
学期
アメリカの学期制度。学校による違いもあり。
編入
アメリカは編入制度が進んでいます
関連用語集
アメリカの大学で使う用語の一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 教育機関 教育制度 学校選択・出願 渡航準備 渡米後 留学体験談